高いレバレッジがかけられる

女性

海外FXと聞くと英語ができなければ取引できないというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし最近は日本語によるサポートも充実しているので、国内にいても簡単に口座開設ができて取引ができるようになっています。では何故、投資家たちは海外FXに注目しているか気になるところです。その理由の1つに、海外FXでは高いレバレッジ取引ができる点が挙げられます。海外FX業者とは外国の企業であるため、日本国内で営業行為さえしなければ、レバレッジ規制を定めた金融商品取引法に規制されることがないです。レバレッジ規制では個人投資家の場合、最大で25倍という決まりがあります。しかし規制がない海外FXでは、400~500倍程度のレバレッジが相場となっています。高いレバレッジとなる分、大きな利益が期待できるという特徴があります。

取引方法について

グラフ

FX取引には国内FX業者と海外FX業者が存在します。両者には色々と相違点がありますが、取引方法もその1つです。国内FX業者における取引方法は、DD(ディーリング・デスク)取引が一般的です。これは注文を呑む形での相対取引です。注文を呑むとは、実際に通貨の取引は行わないため、顧客が損するとそれが業者の利益となる仕組みです。一方、海外FX業者は、NDD(ノン・ディーリング・デスク)取引が一般的です。これは注文を自動的に流してくれるため通貨の取引が行われます。そのため、顧客が儲かって取引が増えれば業者も儲かる仕組みです。この違いがあるため、海外FX業者で口座開設する人が増えています。

日本語によるサポートは充実しているか

為替

高いレバレッジがかけられるため、十分に大きな儲けを期待できる海外FX。そのため、口座開設してみたいと考えている人が少なくありません。しかし海外FX業者はたくさん存在するため、どこで口座開設しようか迷っている人もいるでしょう。選び方のポイントの1つとして、日本語によるサポートが充実しているかどうかが挙げられます。もちろん日本語公式サイトがある海外FX業者を選ぶと良いですが、万が一のトラブルに備えて日本語対応がしっかりしているところがベストです。口座開設前にサポートに色々と問い合わせてみると対応の質が分かります。

日本円が取引で使えるか

グラフ

海外FX業者を利用してFXをする場合、専用の口座開設を行ってから取引を行うことになります。口座開設選びで重要なことは、入出金の手軽さや確実性です。何故なら、いざ取引をしたいというとき、入出金に手間取っていたら、大きな取引チャンスを逃してしまうかもしれないからです。日本で暮らしている以上、口座通貨に日本円を選べるかは重要なポイントです。しかし海外FX業者の中には、口座通貨に日本円が選べないところも少なからず存在します。もしドルなどで取引をする場合、入出金時に両替コストが必要になることは知っておくと良いです。いらないコストを抑えるためには、日本円が取引で使える業者かどうかをチェックする必要があります。

広告募集中